« 10万回への歩み | トップページ | 1週間の休刊 »

2016年7月 4日 (月)

訃報に掲載する範囲について

先日、ある読者から「ワンツー会員の配偶者の訃報も掲載すべきでは?」と提案があった。奉行として、「それはできません」と即答した。理由についてあまり詳しく説明できなかったので、改めて背景を記してみたい。

1.HPトップにページの目的・信条を掲載するのが決まりであるが、そこには「仲間の動向を共有すべく情報を発信・・・」と書かれている。配偶者、父母、子弟、の動向は対象外。

2.これまでも、配偶者が亡くなっても連絡なし、連絡があっても掲載せず会員もそれでよしとするケースが数件あった。ましてや父母、配偶者の父母については掲載しないことを当時の幹事と談合して了解を得ている。

3.曲げて配偶者の訃報を掲載するとしても、会員本人が了解して奥さんもしくは旦那の写真を提供して呉れるか?おそらく、無理と思われる。

4.これらの理由を「過去・現在・未来にわたる公平性」と表現したがどこまで真意が伝えられたか不安は残る。

以上であるが、ぜひ賛否の程をお聞かせ願いたい。

« 10万回への歩み | トップページ | 1週間の休刊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570030/63869964

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報に掲載する範囲について:

« 10万回への歩み | トップページ | 1週間の休刊 »