« ニュージーランド旅行顛末記 | トップページ | 連続6日間 »

2017年7月15日 (土)

旅行保険の顛末

いつもそうだが、海外旅行には必ず保険を掛けて出かける。今回もいつも通り三井住友海上に申し込もうとした。ところが、70歳以上は受け付けられませんと来た。いろいろ探して、損保ジャパンに申し込んで2840円で7日間の保険を掛けた。使いたくなかったが、運悪く旅行カバンが破損の事故に遭ってしまった。現地では何の処置も出来なく、帰国の成田で航空会社の証明を貰った。

帰宅後数日経って、損保に連絡すると、保険金請求書を送るから、その間に修理見積を取って置けとのこと。現物を送ったり、戻すと費用がかさむと言うと、ネットで調べると無料見積もりがあるとの教えられた。調べると確かに幾つも修理業者は出てきた。写真添付で申し込むと、直ちに返事が来て、修理不能であった。そこで、申請書に書いてある通りに、修理不可証明を下さいと、申し出ると2000円なにがしの振り込みが確認されれば証明を送るとのこと。仕方なく2000円余りを銀行振り込みすると、すぐに証明が届いた。得られた証明と、空港での証明を添付して保険請求をした。説明書には古い物件は一年で1割の減価償却で5割打ち止めの保証ですとあり、さらに修理不可などの証明手数料は払いませんとあった。

委細構わず、請求書を送ると10日くらいで、電話があり、減価償却通り、5000円を払いますと来た。多少の嫌味を電話口で述べたが、女の子ではどうしようもなく、苦情窓口を紹介された。そこまでと、観念。数日後に支払い通知が来た。つまり、5000円の保険金を得るために2010円の出費をあらかじめ強いられていた。つまり、2990円しか手取りはなかった。保険料と見合った保障と言えばそれまでだが、何だかしてやられた感じでした。

Photo

« ニュージーランド旅行顛末記 | トップページ | 連続6日間 »

コメント

私は海外旅行が好きで、必ず保険をかけますが、旅行鞄の件は、参考になりました。鞄の減価償却が考慮されているのは当然の事でしょうが、普通には、頭に入っておりません。もし、物品の破損の場合がありましたら、減価償却を考慮して、保険の請求の可否を決めることにします。草々

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570030/65539065

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行保険の顛末:

« ニュージーランド旅行顛末記 | トップページ | 連続6日間 »