« ケベックの冬まつり | トップページ | モントリオールから羽田 »

2018年2月 5日 (月)

雪のオタワ

昨夜は遅く寝た割には今朝は5時は半起き。午後の行程の都合で朝食無しの7時出発。バス中でボックス朝食であった。今日は終日雪の予報の通り、ホテル前は数センチの新雪。オタワへ移動する。途中は雪のため前方に除雪車ありのノロノロ運転が2回。10時前に到着。ささやかなショッピングモールを見学の後、歩いて国会議事堂へ行く。右手の火は水中から出てくるガスを燃やしていてカナダが存在する限り消えない建前、実はメンテナンスで消えることも。

Img_2561s

雪の歩道を歩いて雪祭り会場へ行く。車道の雪掻きが歩道側に寄せられて土手になって歩き難いことこの上なし。気温はマイナス4度、昨日の寒さを経験すれば手袋も要らない感じ。雪が頭に落ちるのでフードは必要。雪祭り会場の側を運河が通っているが、冬場は完全凍結で自由なスケートリンクになっていた。例によって雪祭りは規模小さく札幌と比較は無意味。

Img_2567s_2

Img_2573s

祭りの後は昼食。メープルハウスでの田舎料理。メープルの収穫は2月から4月まで忙しく行われる。当然出稼ぎと言うか助っ人というか多くの人が集まる。その際出される料理がメープル料理。食べてみると何でもありの食材にメープルシロップをこれでもかと掛けて食べるだけ。でも不思議と味が深まる。     その後モントリオールに戻るが、雪のため通常の二倍の時間がかかって仕舞い、目玉であるノートルダム大聖堂は中に入れず残念。悔し紛れに建立は1829年でまだ190年の歴史、欧州では数百年、まあいいか。

Img_2594s

夜の雪道を歩いて食事に。最後は豪快に牛ステーキで打ち上げた。

« ケベックの冬まつり | トップページ | モントリオールから羽田 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570030/66360246

この記事へのトラックバック一覧です: 雪のオタワ:

« ケベックの冬まつり | トップページ | モントリオールから羽田 »