« 動画を一挙公開 | トップページ | またまた恥ずかしながら・・ »

2018年2月14日 (水)

旅行中のあれこれ

防寒対策  旅行案内ですごく寒いとあったので、真面目に準備した。下着は上下とも2枚Photo_5ずつ、シャツはタートルネック、カシミアのセーター、皮ジャケットが基本の装い。屋外に出るときは耳付き帽子に分厚いコートを着用。言い忘れたが靴下は分厚いもの。
この装備に、さらに背中にカイロ2枚を貼ってマイナス20度に挑んだのであるが、残念ながら靴周りが見落とされていた。靴下は2枚は欲しかったし、ズボンとの境目からと、靴の周辺から冷気が忍び込む。ブーツであれば問題なかった?現場では同行者から靴下カイロを貰って切り抜けた。



物価 ツアーであったから、土産物以外の買い物をする機会は少なかった。しかし、食事Photo_2時の飲み物は現金払いで物価の様子が感じられた。ビールの大きい器は12ドル程度、サービス料を加えると13,4だが小銭の関係で15ドルくらいを払う。写真の奥のおばさんが大変元気だったので、思わず15ドルを渡したら、満面の笑みで Have a nice day  ! と来た。








トイレ  毎度の事であるが、トイレの高さが気になる。カナダでもやや高めであったが、Photo_3右端に低めが一基設置されていた。東洋系の移民のためか?

« 動画を一挙公開 | トップページ | またまた恥ずかしながら・・ »

コメント

 ●酷寒では本当に靴周り、すね周りが重要です。わたしのフィンランド北極圏入口での白瀬中尉ふう衣装も、実は現地貸与でしたが、靴も二重で長いオーバーシューズを履き、潜水服(むかし洞海湾でたびたび見た)の靴部分の印象。
 ●トイレ報告期待してました。東洋系と言えば、トロントは中国系人口が多い。香港返還で相当移住してきている、と聞きました。
 案野先輩には一度、オランダの大のほうのトイレ写真を~~との希望があります。
 蘭医学の伝統か、オランダ・トイレでは皿状のくぼみで「大」を一度 露出状態で受け止め、”観察”してから、おもむろに流します。
 

 写真の「アレクサンダー・キース」ビールはうまそうですね。いわゆるカナダ地ビールなんでしょうか。
 昨14日は千葉県船橋市での会合のあと、駅前居酒屋で、(昨年1月にお会いした福地大先輩の顔を思い出しながら)「アサヒ・樽生」と称するのをジョッキで飲んだのですが、どうもノド越しが違う。生ビールではない。
 こういう居酒屋は、発泡酒をごまかして使うケースが多い。西欧では決してこんなことはないんですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570030/66392395

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行中のあれこれ:

« 動画を一挙公開 | トップページ | またまた恥ずかしながら・・ »